目安?区切り? その2

スポンサーリンク

いやぁ~
2週続けて台風上陸ですよ…
金曜ロードショーの2週連続放送的な感じっすよね…
現在23:00…
雨・風共に強くなってきましたね…
明日、作業中止にならんかなぁ…
やるんだろうなぁ…
午前中作業にならないだろうけど…
安全第一!!なん~て言ってる割に、出社しなきゃいけないんだもんなぁ…
矛盾してる気がするんすよね…
まぁそれはさておき…


前回の続きで、
『25tの倍の50tなら、どこでも25tの倍の能力があるんだろ?』
って言われた事があるんですけどもね…
実際自分が25tラフターから50tラフターに初めて乗った時、ちょこっと思ったんですけどもね…
意外と能力無いんすよ
例えば…
GR250 (25tラフター)の能力表
比較1
んで、
GR500 (50tラフター)の能力表
比較2
まぁ2.5mとか3.5mとかナカナカ用途の無い作業半径なんですけども、この辺はだいたい25tの倍の能力がありますね…
んで、ミドルレンジの16m辺りになると…
25t↓
比較.3
50t↓
比較4
倍ではないんすよね…。
『明日、50tで行ける?作業内容はユルいから頼めるかな?』
って言われて…
『イイっすよ~』
って現場行ったものの…
アレ?
意外と行けないんだな…(-。-;)
黄色ランプ回ってらぁ…
みたいな事ありましたからね(笑)
え~
何を伝えたいか自分でもよく分からなくなってきましたが、取り敢えず25tラフターの倍の能力を50tラフターは持ってないよって事っす(-。-;)
追記…
このブログの御意見番のとも蔵さんよりコメントいただきまして…
法的にはクレーン車の重さで何tクレーンになるか決まっているので、微妙に仕様が異なり元々の規格に車重が収まりきらなくなったのが、26tや51tといわれるクレーンで、実際には25tや50tとほとんど同じです
また、〇〇tクレーンと言うからにはその重さが吊れるフックやブーム、性能検査が必要で、実際には50トンクレーンの性能があっても、フックや性能検査が4トン仕様なら、法的には4トンクレーン、性能は50tになりますが、こういうクレーンを〇〇トン級と言い、3千tとか超大型のクレーンになる程トン級表記されています

う~ん…
詳しいなぁ~(´∀`;A

コメント

  1. Slide Away より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > まだ、25tと50tだと車体自体がデカイのでそう思えても仕方ないとしてですね。。。
    >
    > 何がって、ミニラフっすわ!
    > 全く同じ大きさで5tまでってされてるヤツと新型は13tですやん?それで段取りされた日にゃぁ。。。倍どころが3倍近い話ですよ。話半分にしても1.5倍は吊れる話になるんで。
    確かに…(-。-;)
    13tで5t代車とかありますね…
    > 最近多いのがソーラー絡みですね。パネルが800kgとかパワコンやキュービクルが3t内外。
    > 一番ミニラフ的に微妙な数字ですわぁ。でもソーラーの現場って25tはまず入れないんですよねぇ。MR25でせいぜい。。。
    > ミニでダメだから代わりに16t。それも面白いほど吊れるわけでなく、値段は25tと変わらず。。。何か嫌な空気が流れます(笑)
    ですよね~
    ウチ…
    仕事量とクレーンの台数が合わない時…
    25t現場に頼み込んで、無理矢理16tブッ込んでます…(-。-;)

  2. Slide Away より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    お疲れ様ですm(__)m
    いや~
    的確な例えありがとうございます(TωT)
    表現って難しいっすね(-。-;)
    トン数知識頂きます(笑)

  3. やまき より:

    SECRET: 0
    PASS: 31d66fd24b0d11e46afc6cbb7c5bc3a7
    まだ、25tと50tだと車体自体がデカイのでそう思えても仕方ないとしてですね。。。
    何がって、ミニラフっすわ!
    全く同じ大きさで5tまでってされてるヤツと新型は13tですやん?それで段取りされた日にゃぁ。。。倍どころが3倍近い話ですよ。話半分にしても1.5倍は吊れる話になるんで。
    最近多いのがソーラー絡みですね。パネルが800kgとかパワコンやキュービクルが3t内外。
    一番ミニラフ的に微妙な数字ですわぁ。でもソーラーの現場って25tはまず入れないんですよねぇ。MR25でせいぜい。。。
    ミニでダメだから代わりに16t。それも面白いほど吊れるわけでなく、値段は25tと変わらず。。。何か嫌な空気が流れます(笑)

  4. とも蔵 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    最も明確なクレーン性能として〇〇tクレーンと言いますが、それが実際の現場に反映されるか、それを元に誰しもが的確なクレーンの選択ができるかと言えばそうではなく、〇〇tクレーンとは料理のメニューのようなもので、実際にはメニューを元に味付けや量を調整する必要があります
    例えば、カレーと言う料理は誰しも認識し理解しやすいですが、それを食しようとする人の好みの味や量はカレーと言うだけでは言い表せず、大抵は何かしら調整され食されていると言う事で
    味付けや量の調整=マゴ出し、親、子、フック掛け本数の選択、相吊り、相伴機の選択等
    メニューを元に味付けするコック=クレーンオペレーター
    また、店員(営業)はあくまでもメニューを提供するだけで、実際に食する側の好みに合わせ、美味しかったと言わせるのがコック(クレーンオペレーター)で、同じメニューでもコック(クレーンオペレーター)によって味付けが異なり、言われた通りのメニューを提供しても、コック次第では不味いから要らないと言われる事もあるのが現状です
    最後に、ちなみになんですが、法的にはクレーン車の重さで何tクレーンになるか決まっているので、微妙に仕様が異なり元々の規格に車重が収まりきらなくなったのが、26tや51tといわれるクレーンで、実際には25tや50tとほとんど同じです
    また、〇〇tクレーンと言うからにはその重さが吊れるフックやブーム、性能検査が必要で、実際には50トンクレーンの性能があっても、フックや性能検査が4トン仕様なら、法的には4トンクレーン、性能は50tになりますが、こういうクレーンを〇〇トン級と言い、3千tとか超大型のクレーンになる程トン級表記されています
    いや~クレーンのトン数って奥深いですねf^_^;
    では、長々と失礼しましたm(_ _)m

タイトルとURLをコピーしました