ラジウム温泉の効能…

スポンサーリンク

2010年頃のお話し…

 

トラックで資材を運搬するため、福島の広野にある某電力会社の火力発電所に行きました。

 

 

作業部隊が宿泊している宿に泊まれるという一泊二日の軽い出張。

 

 

その宿には『ラジウム温泉』が搭載された宿でした。

 

 

作業部隊のおじさんに

 

 

『ラジウム温泉の効能ってなんすか?』

 

 

って聞いたんです。

 

そしたら

 

『ラジウムはねぇ… 体が暖まるんだよ(゚∀゚〃)』

 

って

 

遠くを見つめてしみじみ答えてくれた。

 

見つめた先には何も無かったんですがね…

 

夕食後、ラジウムへGoしたんですよ。

 

その宿には大衆浴場(大)、大衆浴場(小)、露天風呂と3ステージの選べる風呂が用意されてまして

 

ね、自分が宿泊するときは3つの内の2つが修理中という状況でした。

 

結果、大衆浴場(小)の1択ですよ。

 

オレ…

持ってる…

 

そんなこんなで、いざ入浴。

 

湯船には作業員時代にお世話になった先輩が真っ赤な顔して入ってた。

 

俺『あっ お疲れ様です( ・ω・)』

 

先輩『お疲れ様ぁ コレめちゃくちゃ熱いぞ彡(-_-;)彡』

 

俺『マジすか?』

 

(またまたぁ 大袈裟だなぁ)

 

先輩『熱さに堪えられないから先にあがるわ《(;´Д`)》』

 

って先輩は身体中真っ赤になってた…

 

まぁ熱い風呂には少々自信があったので、身体を洗っていざ入浴!!

 

足を湯船に入れた瞬間…

 

なんじゃこりゃ!?

 

って熱さ。

 

もうね、ゆで卵になる気持ちがよくわかる熱さですよ。
むしろ2つのtamaバッグの中身はゆで上がってたね。
(先輩コレよく浸かれたな…)

 

って感心するほど熱かった…

 

温泉に浸かれるって期待して入ったものの熱さに負けてすぐ上がるって訳にゃイカンと思って肩まで浸かったんですけども…

 

…痛い。

 

5分位頑張って熱い湯船に浸かって、逃げる様に上がりました…

俺の体も真っ赤に…

 

んで…

風呂から上がって1時間経っても汗が引かない…

 

これだけ熱けりゃラジウム関係無く体もあったまるっつーの!!

つか…

ゆで上がるっつーの!!
(いろんなところがね…)

 

あのじじぃ…

 

テキトーな事言いやがったな(゚Д゚#)

 

年長者がなんでも知ってると思ったら大間違いだと学びました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました