運転席にエンターテイメント性を求めて(KATO編) その3

クレーンあるある

さてさて…
ポータブルDVDプレーヤーの映像をKATO純正のアナログチューナーの映像分配器の端子に差し込んで、純正のモニター(6.5インチ)で視聴できるかのテスト結果です。

純正モニターを”外部出力”にするために…

 

純正モニターのリモコンで電源ONして

 

①の”AUTO”のスイッチを押して…

 

②の”AUX”のスイッチを押す。

 

んで、

 

モニターには”VTR-1″の表示。

 

次に、ポータブルの電源ONして…

映った!!

 

モニターがヘタっているので画像はイマイチなんですが、まぁ見れるレベル。

 

んで、コレのメリットが…

 

音声が座席後ろのスピーカーで出力される事なんですよ…

 

ポータブルDVDだけだと音声はポータブル本体からしか出力されないので、スピーカーで出力させ

 

たければFMトランスミッタを用意しなくてはいけないんです…

 

後は…
『アイツTV観てサボってやがるな(#`皿´)!』
って

 

思われにくいかも!?

 

デメリットは…

 

9インチが無駄になる

 

くらいすかねぇ…

 

音声の印象としては…

TADANOよりFMトランスミッタの感度がイイ!!

 

TADANOは76.0~78.0まで周波数の選択が出来たんですけど、場所によってはどの周波数帯もダメ

 

だったんですけど、今の所問題なく使えてます。

 

あ…

 

ちゃ~んと仕事はしてますよ…

ハイ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました