さて、アナタならどうする?

発見
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いやね、クレーン関係だけじゃなくって、輸送関係も担当になっちゃってホント嫌だな~

って感じなんですけどもね。

 

先日ね、こ~んな事があったんですよ。

 

スポンサーリンク

遠方でのトラブル

 

配達中のトレーラーのドライバーさんから連絡来ましてね…

『タイヤにカスガイ刺さっちゃってるんですけど、どうしましょう?』

って来たんですよ。

 

 

え~

マジで~

見事に刺さってんじゃ~ん…

 

状況確認

 

異物が刺さっているのは、トラクタヘッドの左側前から2軸目の外側。

 

あ、ウチね、このトラクタヘッドでやらせてもらってるんですよ。

 

現状、空気が抜けてるような音は聞こえないとの事。

 

付近の大型車対応のスタンドで、スペアタイヤと交換も考えたのだけど、扁平タイヤ履いてるモンで、スペアタイヤを積んで無いという事でして…。

 

う~ん…。

 

どうしよう…。

 

 

すっげぇコレ抜きたい。

 

状況としては、配達先で荷下ろし待ちの状態。

 

アナタならどうする?

 

さてさて…

コレ、どうしようかね?

 

配達先で荷が下りれば車重は軽くはなるので、タイヤに刺さった異物を抜いて徐々に空気が抜けたとしても、ダブルのタイヤなので戻ってくるまではなんとかなるんじゃないかな?

 

距離的には直線距離で87㎞。

下道で4~5時間のトコ。

 

 

仮にさ…

タイヤに異物が刺さったまま走行して、走行中にタイヤがバーストするよりはよくない?

タイヤに刺さってる異物がさ、イ~イ感じにツボ押しちゃったみたいな感じになっちゃって、パーン!!っていっちゃうよりよくない?

タイヤがパーン!!ってなっちゃって、ジャックナイフして国道塞いじゃうよりよくない?

それかさ、走行中にコレが抜けて後続車に当たったりするよりはよくない?

 

マイナスドライバーとかちっさいバールとかで抜けそうだし…。

 

ってことで、荷下ろし後に異物の抜き取り作業を検討した。

 

 

さて…。

アナタならどうする?

どういった指示を出す?

 

タイヤに刺さってる異物を

抜く?抜かない?

 

タイヤ屋さんに聞いてみた

 

ここで、タイヤ屋さんに聞いてみた。

プロの判断を仰ぐことにしたですよ。

 

タイヤ屋さんに状況を説明したの。

・タイヤに異物が刺さってる。

・空気は抜けていなそう

・スペアタイヤが無い

 

という状況で、異物を抜いた方がイイ?いくない?

 

 

そしたらね…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『そのまま(刺さったまま)で帰ってきてください』

 

だって…。

 

 

 

 

え~⁉

そうなの⁉

 

これを抜いて空気が抜けて走行不能になるなら、抜かないで帰ってきてタイヤ点検した方が良いですよとの事でした。

 

急いでドライバーさんにその旨を連絡した。

 

無事帰還

 

トレーラー帰庫後、タイヤ屋さんに車両を持ち込んで点検してもらいました。

タイヤに刺さってる異物を除去し、刺さってた穴に石鹸水的なやつをかけてタイヤ内の空気が漏れているか確認。

 

結果的には空気は漏れていなかったので良かったのですが、タイヤに刺さった異物は抜かない方が良いんですね~

 

触らぬ神に祟りなし

 

ってコトなんだね。

 

 

へ~
知らなかったわ~

 

っていう出来事が先日ありましたですよ…。

 

というワケで…

本日もご安全に~

発見
スポンサーリンク
Slide Awayをフォローして!!
スポンサーリンク
クレーンオペさんのブログ 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました