シロカの全自動コーヒーメーカーからコーヒーが漏れたハナシ

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク

確か去年の7月辺りに購入したシロカさんの全自動コーヒーメーカー。

シロカ 全自動コーヒーメーカー カフェばこ SC-A351

 

 

コイツを使って優雅なコーヒータイムを送っていたんですよ。

けどね…

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お気に入りの全自動コーヒーメーカーがコーヒー漏れを起こすようになった

 

 

どうも『ミルバスケット』という、”コーヒー豆を削って濾す役割を果たす部品”から頻繁にコーヒー漏れを起こすようになったんですよ。

ミラバケッソじゃなくてミルバスケットね。

 

 

↑コレね。

 

購入してから使用頻度は、毎日1、2回×1年ってトコかな~?

 

ミルバスケットを見てみよう

 

でね、

ミルバスケットって部分なんですけどね

↑こんなん

↑コーヒー豆を削る回転部分の軸がありますからね。

回転舞部分の軸があるのに、そこは液体を通さないというのは一体どんな構造なんだろか…

 

まぁ~

パッキンヘタって来たんだろうなぁ…

 

仕事で油漏れて、プライベートでコーヒー漏れてさ…

 

 

公私ともにいろんなモン漏れちゃってますよ。

 

皆さん、いかがお過ごしでしょうか?

どうも、あれこれダダ漏れおじさんです。

 

探せばあるモンだね

 

このままコーヒー漏れた状態で使い続けると、機械の故障に繋がるのでなんとかしないといけないね…。

 

あ~あ

部品無いかなぁ~

 

この部分だけなんだよなぁ~

 

割と気に入っているので、このまま使い続けて壊れて廃棄ってのもアレな感じじゃん?

 

な~んて思ってAmazonさんで探してたんですよ。

 

 

そしたね…

ミルバスケット…

 

あっさり見つかったの

 

 

その他にも

コーヒーサーバーや

本体フタ

等々ありましたよ!!

 

 

いや~

助かった。

アフターパーツが販売されてて良かった~!!

 

↑開封の儀

 

 

これで再び優雅なコーヒータイムを迎えられますよ。

 

 

足組んでさ…

 

『何か用かね?』

 

なんつってね。

 

そのくらいの優雅具合を再開できる喜び。

 

 

優雅なコーヒータイムの後の片付けがめっちゃめんどくさいんだけども…

 

さてさて…

おいしいコーヒー豆でも買いに行こう…。

 

追記

 

気付いたコトを少々…。

 

この記事を更新したのが2021年の7月

で、そこから1年ほど使用した2022年の5月にミルバスケットからまた漏れ始めました。

 

やはり

1日1回×約1年の稼働でミルバスケットからコーヒー漏れを起こしますね。

 

ミルバスケットを取り外す際に、一旦本体ミルバスケットを押し込んでから引き抜いた方が本体から外しやすいですね。

 

その方が、ミルバスケットの軸の部分を痛めないんじゃないかと思ったので。

 

それと…

本体にどうしても給水タンクからの水が残ってしまう様です。

使用後は本体を逆さまにして吸い上げられなかった水を抜いております。

 

少々の手間はかかりますが、そこがまた憎めないトコロ。

 

カフェばこさんにはもっと頑張ってもらいます(笑)

雑記
スポンサーリンク
Slide Awayをフォローして!!
スポンサーリンク
クレーンオペさんのブログ 

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました