移動式クレーンのフックの選定ついて説明しまっせ その1

クレーン操作ネタ

毎度お世話になります。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

どうも、右肩ゴリゴリおじさんです。
なんだか最近、右肩がゴリゴリ鳴るんですよ。

 

ケンシロウが指ポキポキする位の鳴りっぷり。

 

ついにワタクシも伝承者の仲間入りかぁ?

 

と思う今日この頃です。

 

ヤマさんからご質問を頂きましてね、
今回はコレに乗じて記事を書いてしまおうと思うワケですよ。

今回はACSの親ワイヤーの掛け数設定の質問なんですけど、
>例えば、4掛けで作業半径10mで12トン吊りたいけど

定格荷重は10トンで吊れない。

そこでACSの設定を7掛けにして定格荷重を13トンにして

吊り上げるっていう場合って大丈夫でしょうか?

35トンフックのワイヤー4掛け装備ってことでお願いします🤲

⚠️ちなみに、作業半径と定格荷重は適当です!笑

 

との事でですね、まずはフックについてのおさらいからですがね…

補巻きと主巻

 

移動式クレーンにはフックが2つ付いてるんすよ。

 

単索と複索って言い方もありますね。
↑コチラは試験向きな言い方かな?

 

現場作業や打ち合わせで複索なんて言われた事無いからね…。
主に主巻・補巻、親フック、子フックとかって呼び名が一般的かな?

 

たま~に補巻きと子フックが混ざっちゃって…

 

小巻きって言っちゃってる人聞いた事あるよ。

 

さてさて本題に入りましょう…。


↑KATOのSL650です

画像はカタログから拝借いたしましたm(__)m

 

補巻き(単索)

 

ウインチドラムからのワイヤーが1本のモノ。
25tラフターで3.5t~4.0t(年式・機種によって違います)
50tラフターで4.5t~5.0t(年式・機種によって違います)
ってフックに表示されてるんですよ。

 

で、このフックに表示された重さのモノ(フック重量を含む)を吊れますよ~って表示なんですね…
動作の特徴としては、ウインチドラムからのワイヤーが1本なので…

 

巻き上げ下げが早い。

 

ですね。

 

フックに記されてるトン数より軽いモノを吊る時に使用します。

 

足場材だったり、コンパネとかね。
建て方の柱とかさ1t~2tのヤツとかね。
とにかく軽いモノを吊り上げる作業に使用しますよ。

 

主巻(複索)

 

ウインチドラムからのワイヤーがフックのシーブ(滑車)を通して2~6本以上といった様に複数になってるやつ。
25t、50tラフターで25tフックがだいたい付いてます。
(50tラフターに50tフックなんてのもあるんですけども、使った事が無いなぁ…)

 

動作の特徴としては、ウインチドラムからのワイヤーが複数なので…

巻き上げ下げが遅い。

補巻きフックに記されてるトン数より重そ~なモノを吊る時に使用します。
で、最大の特徴がね…

 

掛け本数によって吊れる重量が変わります。

 

移動式クレーン運転士学科試験に”力学”があったのですが、その辺のハナシですね。
滑車を使って重たいモノを吊り上げましょうっていうアレね。

 

一般的にラフターの主巻って4本掛で作業してると思うんですよ。
補巻きフックのt数×主巻4本掛=主巻吊り上げ可能重量

 

例えば…
補巻きの吊り上げ可能t数が5tとします。
5t×主巻4本=20tまで

 

で…

 

主巻が35tフックでも20tまでしかワイヤーがもたないよっていうね。
それ以上はワイヤー切れちゃうよ~って言う感じっす。

 

でっかいクローラークレーンでさ

 

コレ何本掛よ(;゚ロ゚)!?

ってやつもありますよね~

 

フックについての説明はこんな感じっす。
次回はヤマさんの質問の解答とワタクシの経験を元に
書いてみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました