バイクのホイールにリムステッカーを貼ってみよう!!

バイク関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク

”リムステッカー”と言うバイクの足元をキリッと引き締めるアイテムがあるんですよ。

ほら、オシャレは足元からって言うじゃないですか?

 

 

そんなオシャレに今回は挑戦ですよ。

 

 

素人でもリムステッカーを貼れるのか?

 

 

って、疑問がヤフー知恵袋に散見されたけどさ

 

 

オペさんだけどできたよ。

 

 

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

どうも、リムステッカーおじさんです。

 

 

スポンサーリンク

リムステッカーの幅を考える

 

 

まずはリムステッカーの幅ね。

これ重要。

 

 

ホーネットさんのホイールに合う幅がいくつなんだろうか?
ってトコなんですよね。

 

 

あまりラインが太いと貼り付けが困難になりますからね。

イロイロ検討した結果、リムステッカー幅を5㎜に決定

 

 

リムステッカーのカラーを選ぶ

 

 

で、お次はカラーなんですけどね、黒×赤でレバーやらグリップやら揃えちゃってますからね~

リアのサスペンションも赤だからね~

 

 

ココは赤よね~

 

 

ベタだけど(笑)

 

選択した幅とカラーで注文しました。

 

 

サイズ

フロント :16インチ
リア   :17インチ

幅    :5㎜

カラー  :赤

で、商品到着。

片側1周で4分割になってます。

 

 

フロント16インチ左右4枚ずつなので8本

リア  17インチ左右4枚ずつなので8本

 

 

でね、こんな注意書きが同封されてました。

施工の際の脱脂不足で、ステッカーが剥がれてクレームが多かったんだろうなぁ…

 

 

と思わされる注意書き。

”アルコール”・”完全に脱脂”・”徹底して行ってください”

って結構強めに脱脂アピールしてるよね。

 

 

作業開始

脱脂作業

 

 

さてさて…
注意書きに従って、しっかりと徹底的に…

 

 

入念に脱脂するとして、貼り付け作業に取りかかりますかね~

 

 

パーツクリーナーでガッツリ脱脂。

ウエスにパーツクリーナーを吹いて、ホイールをひたすら拭き取る。

ホイールは黒っぽい色なんだけども、拭き取る度にウエスに黒い汚れが付くワケですよ。

チェーンのメンテナンスをした際の、チェーングリスが飛び散った汚れが残ってるかもしれないね。

 

 

ホイールが黒いだけに、汚れに気が付かないのかもしれないね。

 

 

だがしかしだがしかし…

延々とウエスに黒い汚れが付着するワケですよ。

 

 

ずーっと。

 

 

塗装落ちてんじゃねぇか?

 

 

と思うくらいのエンドレス脱脂。

 

 

後から友人に聞いたらシリコンオフの方がイイみたい。

 

 

前後のホイールの黒い汚れがウエスに付着しなくなったので、ようやく次の工程へと進みます。

 

貼り付け準備

 

 

・バケツ

・スポンジ

・水

・台所用品の食器用洗剤

台所にある食器用洗剤を入れて、水をジャーっと泡立てました。

んで、コレをスポンジにしみ込ませて…

 

 

ホイールのリムステッカーを貼る予定地を泡まみれにします。

ホイールに砂利や埃等の付着が無い事を確認します。

 

 

貼り付け

 

 

ココからは時間との勝負…。

ホイールのフチをうま~い具合に貼っていきます。

 

 

泡まみれにして、ステッカーを滑らすように貼っていきます。

 

 

貼り間違えても、また泡まみれにして貼りなおす事も可能です。

 

 

後輪のチェーンがある側が貼り難いね…。

スタンドがあった方が作業は楽なんだろうけど、当方コチラを持ち合わせていないので根性でクリアします。

 

 

貼ったらバイクを前に動かすを繰り返します。

 

 

ステッカーは4分割されているので、重なる部分ってのが発生します。

 

 

例えば…

 

 

4分割なのでABCDとします。

Aを貼ったら、Bの1㎝程をAに重ねて貼り付けます。

↑重なっている部分がわかります~?

 

 

光の加減もあるとは思うのですが、初めて貼った割には上手くないですか(笑)?

 

えぇ。

 

 

自画自賛です。

 

↑拡大すると上の矢印のトコが重なった部分。

 

 

1㎝程重なって貼っているのがのわかりますでしょうか?

 

 

Aを貼ったら、Bを1㎝程Aに重ねて貼り付け…

Bを貼ったら、Cを1㎝程Bに重ねて貼り付け…

Cを貼ったら、Dを1㎝程Cに重ねて貼り付け…

後はひたすらその繰り返し。

時間との勝負だったので、画像無いです。
ハイ。
手が泡だらけだったから、撮影する余裕が無かったです…。
↑ちょっとズレちゃったけど、遠目から見たらわからんですよ(笑)
貼り付けたら親指でリムステッカー内のエア抜きして…

完成!!

どうでしょう?
初めて貼った割にはイイ感じでしょ(笑)?

注意点

注意点としては…

・しっかりと十分な脱脂
仕事は段取りが8割って言いますからね…。

 

 

下準備をしっかりと行いましょう。

・多少貼り間違えてもやり直しはできます。

 

 

中性洗剤でリムステッカーを滑らせることができますので、貼り直しはできます。

・外気温がほどほどの4月ごろの風の弱い日に施工しました。
(夏場は中性洗剤が乾きやすいので注意が必要です。)

 

 

やればできる
始めれば何とかなりますね。

6㎜幅の設定があれば6㎜幅でもよかったかもしれません。
7㎜はちょっと厳しいカモ?

 

 

リムステッカー貼り付け素人でもコレだけできました。

 

脱脂がしっかりできてたからですかね?

 

6か月程経過しましたが、今のところ剥がれている個所はありません。

 

2021年の6月もうすぐ1年経過しますが、剝がれてはおりません。

 

リムステッカーの貼り付けを悩んでいる方…

参考にしていただければコレ幸いです。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました